FC2ブログ
ポリ着物でやりたい放題♪
 土曜日は蝶のポリ着物で京都へ。
 でも目的は京都散策ではなく、ダーツやカラオケ

 友達との待ち合わせ前にポッコリを買っちゃいました。
 ずっと欲しくて探していたポッコリ。
 デザインも値段も合格点のものをやっと見つけました

 ぽっこり


 高さは7センチくらい。
 ゴム底だから歩きやすい♪
 履いてきた草履とその場で履き替えちゃいました
 ポッコリ、ちびっこには必須アイテムかも。
 いつものヒールの高さと同じで落ち着きます(笑)。

 ゲームコーナーにて(笑)


 この日の一番のおてんばは、たすきがけしてエアーホッケー

 アイスクリームを食べたら着物の上にぽとっ・・・。
 「なんてことを…」と慌てる友達に、
 「これポリエステルだから洗えるの」って言えちゃう気楽さが好き
 お気楽ポリ着物がヘビーローテーションになっちゃいそうです(笑)。
スポンサーサイト



2006/02/27(Mon) | 着物でお出掛け | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
着物オフ会に参加しちゃいました
北野天満宮の梅


着物友達が欲しいーっってことで一念発起☆
19日、mixiの着物コミュのオフ会に初参加してきました。
京都北野天満宮で梅を愛でましょうの会。

雨振るかもしれないし何着ていこう。
ポリ着物が無難だけど…、
頂き物のこのショールを使いたくて。

ストール


結局こんな感じになりました。
昭和モダンにお嬢様テイストを目指してみました(*^^*)

お嬢様風?



うーん、まったく雨を想定してない格好です(降らなくて良かった☆)


オフ会は、着付やお茶の先生からkimono姫に憧れる女の子まで。幅広い9人。
じろじろ見ていい着物姿があるっていいですね。
着物のおしゃれに改めて気づきました。

八掛けや襦袢の色って、思ったよりも大きなポイントなんですね。
裾ももちろんそうだけど、一番目がいったのが袖口。
着物の色+そでの裏の色+長襦袢。
向かい合っていると手を動かすたびに揺れる袖口に目がいっちゃいます。
そこで、鮮やかな色がちらっとみえるとハッとしますね。

襦袢まで着物に合わせてコーディネートするのはまだまだ先になりそうだけど、
今度から着物を買うときには八掛け色にもっと気を配ろうと思いました。
2006/02/20(Mon) | 着物でお出掛け | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
バレンタインは洋風に♪
日曜日は洋風コーデで彼氏にチョコを渡しに行きました

蝶小紋+プチファー+なでしこショール。


バレンタインコーデ


なんだか仮装? ハロウィンちっく?(笑)
イベント日(バレンタイン)だしいいか

ちょっと仮装チック?


この着物にはシルバー系の帯をアドバイスしてくれたひいろさん、ありがとうございます♪
シルバー系…と考えていて、このファーを思いつきました
そしてこのファーは、sasaさんのブログで見て、私もこんなの持ってたかも…とタンスから発掘してものだったりします
みなさんのおかげてバレンタインコーデ、無事完成しました。

なでしこショールは金曜の夜に慌てて作りました☆
はじめてのなでしこショール♪
簡単でいいかも♪

着物スタイルはこんな感じ。

蝶小紋を着ました


帯のグレー部分がポイントになるように巻いてみたんだけど、
わかりにくいですね

着物で過ごした週末は3週間ぶりくらい。
すっきり☆
2006/02/14(Tue) | 着物でお出掛け | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
落札☆
またかって感じですが、ネットオークション。
ひとめぼれで、どうしても欲しかったんです。

てふてふ


黒に蝶模様のポリ着物。
私にしてはめずらしくモダンな感じ。
これなら洋服っぽく気軽に着れるかな。

でも今日届いて帯に迷ってます。
どんな帯を合わせたらいいんだろう。。

黒や紫だと暗すぎ。。
オレンジだと明るすぎ。。

んー・・・。
2006/02/07(Tue) | お買い物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
着付け教室最終日
今日で着付け教室終わっちゃいました。

最終日は自分のやりたいことをやる、という回だったので、
今まで習わなかった『つのだし』を教えていただきました。

むずかしっ・・・。

後ろで結ぶのに一苦労。
形を決めるのに四苦八苦。。

とりあえず手順はわかったので、後は練習あるのみかな


でもほんとあっという間の12回。
なんかさみしいなぁ。。


着物を着て出かけられる習い事がしたくなりました。
茶道くらいしか思いつかない。。
他になにかありますか?
2006/02/04(Sat) | 着物 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
 ホームに戻る